抗ウイルス・抗菌のメリットについて

ホーム > 抗ウイルス・抗菌施工のメリット

接触感染から身を守る
ご自身による感染予防には
限界があることをご存知ですか?

オフィススペースの接触感染重点箇所
教育施設の接触感染重点箇所

ウイルス感染には、接触感染と飛沫感染があります。飛沫感染はマスク・うがいなどで対策します。
接触感染はアルコール消毒や清掃で対策しますが、不特定多数が触るドアノブやエレベーターのボタンなど、
日々の清掃には限界があり、徹底するのは非常に難しく、机の裏や、手すりの隙間の拭き残しなど、
少しでも怠ると接触感染の感染源になってしまいます。

抗ウイルス・抗菌施工による予防と
適切な対策を組み合わせることで、
感染リスクを減らすことが可能です。

オフィスイメージ

当社で採用している抗ウイルス・抗菌コート剤「キノシールド」は、事前に施設全体(人が接触する全てのもの)を抗ウイルス・抗菌することで、ウイルスや細菌を無害化し、接触感染リスクを最大限にカットします。
人の出入りが多いオフィスや、公共施設でも、従業員や利用者を守ることにも繋がります。

サービスについてはこちら

施設自体を噴霧でまるごとコーティング

施設噴霧コーティングイラスト

キノシールドの抗ウイルス・抗菌は、接触感染を強制的に予防することができます。
キノシールドは室内の手に触れる箇所すべてを強制的に「まるごと抗菌」する事で、ご自身による対策の漏れも考慮した感染症予防が可能になります。
くしゃみや咳を手で受けてしまっても、マスクの着脱時に触れてしまっても、例え手洗いをしなかったとしても、菌・ウイルスの繁殖を拡散させません。

キノシールドの抗ウイルス・抗菌力
その驚きの効果とは?

ウイルスイメージ

 高性能な抗ウイルス・抗菌・防臭剤で、病院・介護施設、映画館などにも採用されています。酸化チタン(光触媒Ti02)、銀イオン(Ag+)、プラチナ(Pt)を組み合わせることで、それぞれの触媒がもつ効果を相乗的に発揮させる画期的なコーティング剤です。
 ウイルスによる人体への悪影響は、そのウイルスが一定量を超えて大量に増殖した場合に起きるものがほとんどです。室内をあらかじめ抗ウイルスとすることにより、人体への影響を小さくすることができます。

効果は1年間持続します

実施前・実施後に「ATP検査」を行い、抗ウイルス・抗菌効果を測定します。

ATP測定の実施風景

ATP測定とは、十分に清浄に維持されているかどうかを調べる検査で、汚染物質(=ATP値)を測定します。数値が少ないほど感染のリスクが下がります。
約30秒で結果が得られるので、その場で衛生状態を見ることができ、清浄度検査としては最も支持されている検査方法です。
※ATP拭き取り検査は、「食品衛生検査指針微生物編」(厚生労働省監修)に収載されています。

ウイルスや感染症は
意外なところに潜んでいます!

ウイルスや感染症はマスク・消毒では防げません。
スペースクリエイト株式会社では専門チームがお客様の環境にぴったりの感染対策を提案させていただきます。
まずはご相談ください。

日本全国施工可能!お気軽にご相談ください!

ページトップへ戻る

〒984-0002

宮城県仙台市若林区卸町東3丁目2-41

Free 0120-954-081

FAX 022-369-3543

このサイトの写真及び文書の無断転載を禁止いたします。